タイトルイメージ
 

 

     〜 ご相談から建物完成までの流れ〜

  1. ご相談

 家やその他建物の新築や増築、改築などをお考えの場合は、まずはお電話またはEメールをください。ご希望の日と場所を決めて打合せをします。イメージしている建物の雑誌写真などがあれば提示してください。建て主や家族の考えや予算・希望などをお聞きし、当社の設計に対する考え方や進め方などの説明をさせていただきます。その上で当社への設計依頼を希望される場合は次のステップに進みます。この段階では設計費用は発生しませんのでご安心ください。

       矢印

  2. 現地調査

 計画地の現状や道路などの周辺環境の様子を調べる為に現地に必ず行きます。写真でもある程度の概要は分かりますが、やはり現地に行かなければ分からないことも多くあります。


       矢印

  3. 企画・基本計画・設計監理契約

 打合せに基ずき基本構想を練り、ラフプランを作成しプランの内容や考え方を説明します。一度でプランが決まらない場合は何度かの打合せにより修正案を提示し、最終プランを決定します。その上で概算予算の説明をします。この時期は納得のいくまで話し合いを重ねることが大切であり、それによって後に満足のいく建物ができます。設計監理契約を結んだ後、次のステップに進みます。

       矢印

  4. 基本設計・実施設計

 基本計画に基づき詳細設計を進めます。実施設計図とは建築確認申請に必要な図面だけではなく、工事をするために必要な詳細図なども含みます。主なものとしては、配置図・平面図(間取り図)・立面図(外観図)・断面図(高さを示す図面)・矩形図(断面詳細図)・展開図(建物内部の立面図)・建具表(ドアなどの仕様を示す図面)・各部詳細図・仕上げ表(外部や室内の仕上げ材料などを示す図面)・構造図(基礎や柱・梁などの大きさや仕様などを示す図面)・設備図(電気・給排水などの図面)などがあります。

       矢印

  5. 建築確認申請

 実施設計に基づき建築確認に必要な書類を作成し、行政に建築確認申請書を提出します。数週間の審査を経て建築確認が下ります。建物の種類・構造・規模に応じて審査期間が違ってきます。

       矢印 

   6. 施工業者の選定

 建物の構造・種類の違いに応じて信頼のおける建設会社や工務店を選定し見積もりを依頼します。2、3社に相見積もりを取って、その内最低価格の施工会社に決めることもあります。さらに決定した施工会社と設計事務所・建て主の3者で見積書の内容を確認しながら、価格を落とせる部分がないかを検討します。それでも予算をオーバーしている場合は設計図の内容を見直し、支障がない程度の設計変更をすることもあります。最終的に合意すれば建築主と施工会社が工事請負契約を結びます。設計事務所も仲介し契約に立ち会うこともあります。その後、施工会社が工事の工程表を作成し建築主と設計事務所に提出し、工事の日程を説明します。

       矢印

   7. 工事着手

 ご希望により地鎮祭を行います。地鎮祭とは、工事に先立って敷地内に祭場を設け工事・建造物の平安を祈る儀式です。建築主・施工会社・設計者の3者が立ち会うことが多いです。次に地縄張りを行います。地縄張りとは現地で縄やロープなどを使って平面図に基づいて張ることによって建物の実際の位置や大きさを確認します。これも地鎮祭と同じで3者が立ち会うことが多いです。地縄張りを行うことによって建築主が設計図では分からなかったことに気づくこともあります。この時点で建物の位置を微調整して変えることもあります。

       矢印

   8. 工事監理

 工事が始まると施工会社と設計事務所の担当者が現場で週一回程度の打合せを行います。工事についての確認事項を話し合います。時には建築主も打合せに加わってもらうこともあります。仕上げ材料や色を決めたりする時は実物の見本を見て確認し最終決定するようにします。設計事務所の担当者は専門家として実施設計図面通りに工事が進んでいるかをチェックします。設計図通りに出来てない場合は現場監督に指摘して手直ししてもらうこともあります。また工事の期間中に上棟式を行うことが多くあります。上棟式とは建物の骨組みが出来た時に、それを祝う儀式です。これも地鎮祭と同じで建築主・施工会社・設計者の3者が立ち会うことが多いです。

       矢印

   9. 工事竣工

 建物が完成すると、建築主・施工会社・設計者の3者が立ち会い契約時の実施設計図面通りに出来ているかどうかを確認していきます。図面通りに出来ていない場合や仕上げがきっちり出来ていない場合には施工会社に手直しをするように指示することもあります。

       矢印

   10. 建物引渡し

 手直し工事が終わったのを確認すると建築主は建物の鍵や引渡し書類を受け取り、施工業者・設計事務所から建物の設備などの使い方などの説明を受けます。

       矢印

   11. 入居

 住み始めてから気づいたことなどがあれば施工会社・設計事務所にお気軽にご相談ください。




メール

TEL:0836-35-3223
FAX:0836-35-3298
E-Mail:atelierk(a)if-n.ne.jp     
         
上記メールアドレスの(a)はスパムメール防止の為に表示を変えています。実際は半角の@です。


山口県 建築設計事務所 / アトリエ・K建築設計工房一級建築士事務所
                            Copyright (c) 2000-2016 kiyotaka yuhi. All rights reserved.